平成27年「子供向け農業体験」を開催します

平成27年「子供向け農業体験」を開催します。

その前にそもそもなぜ子供向け農業体験を開催するのか?

私の想いを書きたいと思いますので、
少しだけ話を聞いていただけると幸いです。

 

そもそもなぜ農業体験を開催するのか?

私が子供向け農業体験を開催する理由として
まず1つ目に挙げられるのが
外でたくさん自然と触れ合ってほしいからです。

 

ここ最近、家の中でもできる遊びは増えてきました。
お子さんにとって遊びの幅が広がることはいいことですよね。

 

ただ、室内ばかりで外で遊ぶ機会が減ってきてはいないか?
というのがちょっと心配な部分です。

「子供は外で元気よく遊ぶ!」

というのが子供の本来あるべき姿だと私は思っています。

 

そして、子供を持つ親の方にとっても
子供が元気よく外で遊んでいる姿を見るのは
とても嬉しいことですよね。

 

子供たちにもっと外で自然とたくさん触れ合って、
外で遊ぶ楽しさを知ってもらいたい!
そんな想いから農業体験を企画させていただいております。

 

そして2つ目の理由ですが、社会体験を通して
豊かな心を持ってほしいと思っているからです。

 

先ほどの外で遊ぶ機会が減っているというのも関係ありますが、
やはり家の中だけで過ごしていると
他人とのつながりだったり社会との接点が
減ってしまうのではないかと私は心配しています。

 

そして、特に子供時代というのは人間性を育てるのに
とても重要な時期だと思っています。

 

その時期にたくさんの社会体験をさせてあげることが
お子さんの人間性を育てるのに重要だと思います。

 

私は子持ちではありませんが、もし子供ができたら
子供時代にたくさんのことを経験させたいと思っています。

 

そしてその経験したことが子供にとって
一生モノの財産になればと思っています。

 

農業体験を通して感じたことや学んだこと、
そのすべてがお子さんの人間性を育て
一生モノの財産になることを願っています。

 

農業体験の特徴とその先にあるもの

今回企画した農業体験の大きな特徴としましては
米作りを種まきから体験し、最後は収穫して食べる
という一連の米作り体験ができるプログラム
であるというところです。

 

田植えや稲刈りなどの1日完結の一般的な農業体験とは
その部分が大きく異なります。

 

米作りの最初から最後までを体験しますので、
より作る側の気持ちを理解できるようになります。

 

結果、一連の体験が農家の人への感謝の気持ちや
食べ物に対する感謝の気持ちを育ててくれます。

 

そして何か一つのことをやり遂げるという経験は
子供たちにとって大きな財産となり、
豊かな心を育ててくれると考えています。

 

ちなみに最後、作ったお米は袋に詰めて
プレゼント用に持ち帰り可能です。

 

 

お爺ちゃん・お婆ちゃん、大切な人などに
配ってあげて喜んでもらいましょう(^^)

 

参加者だけでなく周りの人にも喜んでいただく。
そんな農業体験となっています。

 

親子で参加していろいろな事を感じながら学ぶ。
そして他の人とも喜びを分かち合う。

 

なかなかこういった事って学校では
教えてもらえない部分かと思います。

 

学校教育とは形は違うかもしれませんが、
農業体験も一つの教育です。

体験を通してお子さんの心が豊かに育ってくれたらと願っています。

 

次は具体的な農業体験のプログラムについて説明していきます。

⇒ 農業体験のプログラム詳細について