子供に勉強してほしい時に使うちょっとした言葉の使い方

子供に勉強してほしい時、あなたは直接的に

「勉強しなさい」

と言いますか?

あまり直接的に言ったところで
効果は薄いのかなと私は思います。

今回はこんな直接的な言い方ではなく
ちょっとした言葉の使い方を紹介したいと思います。

子供が勉強しているという前提で話す

先ほどの

「勉強しなさい」

というのは子供が勉強していないから
勉強しろということですよね。

では子供が実際は勉強していようがいまいが
すでに勉強している前提で話してみたらどうでしょうか?

どういうことかと言いますと
例えば

「勉強が終わったら先にお風呂にする?ご飯にする?」
「勉強の休憩におやつ何がいい?」

といった感じです。
子供がすでに勉強をしている
という前提で話しかけています。

この言い方のいいところは
子供がすでに勉強はしているものだと
無意識的にうったえることが可能だという事です。

直接的に

「勉強しなさい」

と言うことなく、勉強することを
促すことが期待できる言い方だという事です。

もう一つ例を出します。

普段まったく勉強している様子もなく、
学校が終わっても遊んでばかりなのに
なぜか成績はいつもトップな子供。

こんな子供って聞いたことありませんか?

こういった子供に対して
親はどう接しているかと言いますと、

「お前はできる奴だ」

とひたすらほめているそうです。
(全員が全員ではないと思いますが)

こう言い続けることで
子供は自然と自分はできるんだなと
自覚するようになります。

できると自覚するから
遊びもするけど勉強も効率良くこなして、
成績も良くなるということなんだと思います。

この例もやはり子供は勉強ができる
という前提で話をしているのがわかります。

なので子供に勉強してもらいたいときには
子供が勉強している前提で話してみるといいかと思います。

逆も然り。ネガティブな言葉は厳禁!

できるという前提で話すから
子供も出来るようになる。

じゃあ逆も当然ありますよね。

子供に

「お前は成績が悪いんだから勉強しなさい」

こういったネガティブな言葉を言ってしまうと
無意識的に子供の頭の中に自分は勉強ができないんだ
と刷り込まれてしまいます。

なのでこういったネガティブな言葉は
子供には使わないようにしてあげてください。

ポジティブな言葉を投げかけてあげる。
たったこれだけでもその効果は絶大だと思います!

気になった方はもし良ければ試してみて下さい。