間違った子供の叱り方とプラスになる叱り方

angry9

 

子供の叱り方というのも子供を育てるのに大切な要素です。

間違った叱り方をすればマイナスに育ちますし、
その逆にプラスになる叱り方もあります。

それだけ親の影響というのは大きなものです。

なので今回の記事では間違った叱り方を知り、
プラスになる正しい叱り方を知ってほしいと思います。

■感情的に怒らない

まず、子供を叱る時に前提としてあるのが
感情的に怒ってはいけないということです。

感情的になって怒鳴ったり、
あるいは手を出して怒ったとしても
子供には恐怖しか残りません。

なぜ怒られたのかの理解よりも
怒られた恐怖が残ってしまいます。

これでは子供のしつけになりません。

■まずは子供の考えをきちんと聞く

一方的に親の意見を言うのではなく、
子供と同じ目線になって話し合うことが大切です。

そのためにまずは子供の考えをきちんと聞きましょう。

子供が何かやってはいけないことをしたら

「なぜそのような事をしたのか?」

をまずは聞いてあげます。

それを聞いた上で
なぜしてしまった事がいけない事なのかを
子供に考えさせて子供の考えを聞いてあげましょう。

そしてこの時のポイントは
子供の考えをすぐには否定しないこと。

たとえ間違っていても子供がきちんと考えて言ったことです。
素直に言ってくれたことを認めてあげて受け入れましょう。

こうやって子供に自分で考えさせることで
子供の自立を促す効果もあります。
これ、とても大事なことです!

もし子供の言ったことが間違っていたら
まずはきちんと受け入れた後で
自分の考えを言ってあげましょう。

■なぜ叱るのか子供が納得するまで話し合う

まずは子供の言ったことを聞いて受け入れます。
言ったことが正しければ問題ありません。

ただ、間違っていた場合は親がきちんと
子供が納得するまで叱る理由を話し合う必要があります。

「私(親)はこういう理由があるから
 叱ってるんだけどどう思う?」

といった感じで子供が納得するまで話し合いましょう。

■反省したことを褒めてあげる

これもとても大事なことです。
子供を叱った後は褒めてあげましょう。

叱られたということは子供は
マイナスに捉えるかもしれません。

しかし、見方を変えれば子供は
きちんと自分のしたことがなぜ悪かったのかを理解し
反省したので成長しています。

なので子供にとってプラスの出来事なのです。

叱られて子供はへこんでいるかもしれませんので
アフターフォローの意味も含めて
親が褒めてあげましょう。

叱られたというマイナスのことを
褒められたというプラスのことに変換してあげてくださいね(^^)

子供向け米作り体験の2日目は田んぼを耕す体験

2015年4月12日

米作り体験2日目の開催です。

この日は天候にも恵まれて暖かい中で
体験を開催することができました(^^)

IMG_8946

桜も咲いていていい感じの田舎の風景です。

今回のメイン体験は
田んぼを耕す体験です。

この田んぼを耕すのには次のような目的があります。

・まいてある肥料を土の中まで浸透させる
・土を細かくして田植えをしやすくする
・雑草を生えるのを防ぐ

この作業も米作りには大切な工程です。

では2日目の体験スケジュールです。

<午前の部>
・前回植えた種の成長を確認
・田んぼを耕す
・お米のクイズ大会

<昼食>

<午後の部>
・田んぼを耕す
・田んぼに立てる看板作り

まずは午前の部です。

前回植えてもらった種が
どれくらい育っているのか見に行きました。

IMG_8941

たった1週間ですが、
このように芽が出ていましたよ(^^)

そして、前回1日目の体験の最後に種を使って
絵を描いたわけですがはたして…

IMG_8988 

IMG_8989

こんな感じできちんと模様になっていました(^^)

次は田んぼに移動して田んぼを耕す体験です。

IMG_8981

子供たちも一輪車を移動する手伝いをしてくれました♪

IMG_8943

実際に耕していきます。

IMG_8944

子供用スコップも用意しました。

IMG_8978

今回の田んぼを耕す体験、
けっこう親の方たちが夢中でやっていました(^^)

・土に触れ合えるのがいい
・体を動かすのが気持ちいい
・無心で作業できるのがいい

などの感想をいただきました。

しばらく田んぼを耕す体験をしていただき、
その後は田んぼにマスを作って
クイズと耕す体験を組み合わせた
マス取りゲームを開催しました。

IMG_8979

ルールは難しくありません。

・お米に関するクイズを出します。
・正解したら好きなマスの土を掘ります。
・オセロのように自分のマスで相手のマスを挟めば自分のマスになります。

IMG_8942

実際にゲームをしている様子です。

そして結果はこうなりました。

FullSizeRender

まいこさん&ゆうちゃんペアが
僅差で優勝でした!

クイズが終わりましたらお昼です。
今回も炊き立てのご飯をいただきます。

各自持ってきていただいたおかずも
皆で分け合って食べました(^^)
(すいません、お昼の様子を撮り忘れました…)

お昼が終わったら午後の部です。

午後も最初は田んぼを耕しました。

IMG_8986

そして耕す体験が終わると次は
田んぼに立てる看板作りをやりました。

イメージとしてはこんな感じのものを作る予定です。

061024

まずは絵を描いてもらいました。

せっかくなのでここでちょっと一工夫です。

ただ色鉛筆で色を塗っていくのではなく
自然にある草や花で色を塗るという体験をしました。

 

IMG_8948 

まずは植物を集めます。

IMG_8947

田舎なので自然は豊かです♪
色になりそうな植物がたくさんあります。

IMG_8949

絵を描いてから
集めてきた植物で色を塗りました。

たんぽぽの黄色はけっこう色が出やすいことがわかりました♪

IMG_8950

絵の完成です。
一部色鉛筆も使っていますが、
黄色や紫色は自然からできた色です(^^)

絵を描き終えたところで今回の体験は終了です。
この日は田んぼを耕す力仕事で疲れたかと思います。
本当にお疲れさまでした!

看板の木の部分を作っていくのは
また次回のお楽しみです♪

次回、3日目の体験ですが、
いよいよ田植えを体験します!

たくさん泥と触れ合いながら田植え体験を楽しみましょう!

そして、今回の続きで看板作りもやっていきます。
田植えの終わった田んぼに看板を立てて
自分たちの田んぼという目印を立てましょう!

子供がゲームをやめない!困った時の対処法は?

子供を持つ親の悩みの中で多いと思うのが
子供がゲームを止めないことではないでしょうか?

そんな時あなたならどうしますか?

この困った悩みについて私なりの考えを書きたいと思います。

子供の気持ちを理解して頭ごなしに怒らない

まずは子供の気持ちを理解してあげましょう。

「なぜ子供はゲームをやめないのか?」

当たり前ですがゲームが楽しいからですよね。

私たち大人だって同じですよね?

趣味や楽しい事は時間を忘れて
没頭してしまうものだと思います。

子供だって同じです。
大人も同じように没頭するのだから
同じことなんだと考えるべきだと思います。

まずは子供の気持ちを理解してあげましょう。

 

どうすれば止められるかを子供と話し合う

まずは子供の気持ちを理解することができました。

では次はどうしたらゲームを
止めてくれるかを考える必要があります。

もし私でしたら次の2つのポイントに気をつけます。

止めさせたい理由をきちんと言う

子供にただ単に

「ゲームを止めなさい」

と言っても親の考えを押し付けてるだけですね。
そうではなく止めさせたい理由をきちんと子供に言ってあげて
納得させる必要があると思います。

「お風呂に入るのが遅くなっちゃうからね」
「できたてのご飯が冷めちゃうからね」

など、きちんと理由を言ってあげて
納得するまで子供と話し合うのが大切だと思います。

目安時間を決める

制限時間ではなく目安時間です。

これはゲームにはキリのいい時というのがあるからです。

子供の頃にゲームの時間を
親に決められていた方ならわかると思いますが、
時間ピッタリで終わらせるなんて無理ですよね^^;

それでも時間ピッタリで止めさせようとすることは
子供の楽しみを一方的に奪うようなものだと思います。

これは子供にとって嫌なことですよね。

大人だって趣味はキリのいいところまでやると思います。

なので目安時間として30分としてみて、

「30分になったね。
 じゃあキリのいいところで終わろうか。」

といった感じで大目に見てあげるといいと思います。

ゲームを止められたらほめてあげる

ゲームを止めてくれたらほめてあげることも大切です。

「きちんと止められたね」
「ありがとう」

ほめてあげてさらに感謝の気持ちを
伝えてもいいと思います。

これぐらいの事でほめて効果があるの?
と思うかもしれませんが
そこはほめてあげてください。

こういったことでも子供はほめられれば
素直に嬉しいものです(^^)

ゲーム以外にも遊びの選択肢を

ゲーム以外にも外で遊んだり、一緒に出掛けたり、
いろいろな遊びをさせることはできると思います。

子供に遊びの選択肢をたくさん与えることで
ゲーム以外の遊びにも興味を持ってくれるかもしれません。

また、たくさんの遊びを経験させることで
遊びの中からたくさんの刺激を受け、
お子さんの感情がきっと豊かになると思います♪

もちろんたくさんの遊びの選択肢の中から
ゲームが選ばれるならそれはそれでいいことだと思います。
(私としては外で思いっきり遊んでほしいところですが^^;)

とにかく結論としては
子供にたくさん遊びの選択肢を与えましょう!
ということです。

子供向け米作り体験がスタート…1日目は種まき体験

2015年4月5日

子供向け米作り体験がスタートしました!
記念すべき1日目は種まき体験。

CIMG2483

やや小雨の天気だったため
ビニールハウス内での実施となりました。

この日のメニューはこんな感じです。

<午前の部>
・じょうろ作り
・種まき

<昼食>

<午後の部>
・棒倒しゲーム
・種まき

まずは午前の部。
最初は種まきに使うじょうろ作りです。

子供たちに作る楽しさや新しい刺激、
体験学習という意味合いの体験です。 

CIMG2490

ペットボトルを使って自作のじょうろに挑戦中。
が、子供たちはじょうろ作りよりも土遊びに夢中^^; 

CIMG2492

じょうろに絵を描くときになって子供たちが集まってきました。

 

IMG_8970

じょうろ完成です!!

じょうろが完成したら次は土をしいていきます。

CIMG2495 

CIMG2496 

子供たちも興味津々(^^)

土をしき終わったら次は種まきです。

IMG_8969

こちらが乾かしておいた種です。

お米のもとはこの小さな種。

子供たちだけでなく大人の方たちも「へぇ~」と
新鮮な表情で見ていました(^^)

 

CIMG2503

さきほど土をしいた苗箱に種をまいていきます。

 CIMG2505

水をかけて最後に土をかぶせて完成です。

午前の部はこれで終了♪

お待ちかねのお昼の時間です。

炊き立てのご飯でおにぎりを作りました。
ご飯はもちろん我が家で収穫したお米です(^^)

CIMG2508

参加者の方には各自おにぎりの具材を持参していただき
おにぎりを作っていただきました。

炊き立てのお米は好評でした♪

お昼の楽しいひと時を過ごして午後の部開始です。

午後は簡単なゲームからスタート。
土を使った棒倒しゲームです。
昔ながらの懐かしいゲーム。

CIMG2521

しかし、この後子供が棒を取ってしまうというハプニング^^;

その後何度か再開しようとしたんですが、
どうやらこの棒がお気に入りみたいです…^^;

結局最後まで出来ませんでした(笑)

 

ゲームが終わり本日最後の体験。
最後は種まきによる絵描き体験。

CIMG2526

まずは各自好きな絵を描いてもらいます。

 

CIMG2528

絵を切り取って土の上に載せて
その周りに種をまけばこんな感じで絵の完成です♪

ハート型とリボン型を作りました。

さてどのように芽が出てくるのか楽しみですね(^^)

CIMG2555

最後は記念にみんなで一枚。
途中で帰った方もいたので全員ではありませんが^^;

以上、1日目の体験レポートでした。
皆さまお疲れさまでした。

2日目は田んぼを耕す体験です。

⇒ 「体験2日目…田んぼを耕す体験」

子供に勉強してほしい時に使うちょっとした言葉の使い方

子供に勉強してほしい時、あなたは直接的に

「勉強しなさい」

と言いますか?

あまり直接的に言ったところで
効果は薄いのかなと私は思います。

今回はこんな直接的な言い方ではなく
ちょっとした言葉の使い方を紹介したいと思います。

子供が勉強しているという前提で話す

先ほどの

「勉強しなさい」

というのは子供が勉強していないから
勉強しろということですよね。

では子供が実際は勉強していようがいまいが
すでに勉強している前提で話してみたらどうでしょうか?

どういうことかと言いますと
例えば

「勉強が終わったら先にお風呂にする?ご飯にする?」
「勉強の休憩におやつ何がいい?」

といった感じです。
子供がすでに勉強をしている
という前提で話しかけています。

この言い方のいいところは
子供がすでに勉強はしているものだと
無意識的にうったえることが可能だという事です。

直接的に

「勉強しなさい」

と言うことなく、勉強することを
促すことが期待できる言い方だという事です。

もう一つ例を出します。

普段まったく勉強している様子もなく、
学校が終わっても遊んでばかりなのに
なぜか成績はいつもトップな子供。

こんな子供って聞いたことありませんか?

こういった子供に対して
親はどう接しているかと言いますと、

「お前はできる奴だ」

とひたすらほめているそうです。
(全員が全員ではないと思いますが)

こう言い続けることで
子供は自然と自分はできるんだなと
自覚するようになります。

できると自覚するから
遊びもするけど勉強も効率良くこなして、
成績も良くなるということなんだと思います。

この例もやはり子供は勉強ができる
という前提で話をしているのがわかります。

なので子供に勉強してもらいたいときには
子供が勉強している前提で話してみるといいかと思います。

逆も然り。ネガティブな言葉は厳禁!

できるという前提で話すから
子供も出来るようになる。

じゃあ逆も当然ありますよね。

子供に

「お前は成績が悪いんだから勉強しなさい」

こういったネガティブな言葉を言ってしまうと
無意識的に子供の頭の中に自分は勉強ができないんだ
と刷り込まれてしまいます。

なのでこういったネガティブな言葉は
子供には使わないようにしてあげてください。

ポジティブな言葉を投げかけてあげる。
たったこれだけでもその効果は絶大だと思います!

気になった方はもし良ければ試してみて下さい。