子供が宿題をやらない!そんな困った時の解決法

子供が宿題をやらない…

これって多くの親が悩むことではないでしょうか?

そんな時どのように対処していますか?

いろいろな方法があると思いますが、
間違った方法だと逆に子供のやる気を奪う
という悪循環に陥るかもしれません。

今回はそんな困った悩みをどのように解決するか
について自分の考えを書きたいと思います。

「宿題やりなさい!」は一番ダメ

一番言ってはいけないことを言っていませんか?

「宿題やりなさい!」

これは一番ダメです。

まず、なんの理由があって
勉強しろなのか説明がありません。

そして、やりたくないものを強制されたところで
子供はやりたくないものです。

「親に怒られるから…」

というのが理由になってしまってはダメですよね!

本来勉強は子供が自ら進んで
楽しんで学ぶものだと思います。
なので親が強制するというのは止めましょう!

宿題をやる理由の説明も大事

先ほど理由もなく子供に宿題をやれ
というのが一番ダメと言いました。

だからと言って、ただ単に理由を
付け加えればいいというわけではありません。

「○○君はやってるから」
「将来困るんだから」

これ、理由になっているようで
なっていないと思いませんか?

結局これも宿題やれ!
と変わらないと思います。

ネガティブな言葉を使ったり、
他人と比較したりしても子供は納得して
宿題はやらないと思います。

では、私だったらどうするかですが、
プラスに考えられる理由を言ってあげます。

「宿題終わったら外で思いっきり遊べるね」
「宿題終わったら美味しいご飯が待ってるね」

ポイントとしては宿題をやってほしいと
間接的に言っている部分です。

宿題の後にある楽しいことが
宿題をやる動機づけになっているということです。

子供に選択肢を与える

宿題をやってもらうにも
子供に選択肢を与えることが大切です。

どういうことかと言いますと、
例えば宿題をやる時間は遊びに行く前でもいいですし、
夕飯前でもいいわけです。

それを親が強制するべきではないということです。

自分で考えて選択するというのが大切です。
これは勉強だけでなく子供の将来のためにとても大切なこと。

子供が大きくなったら大きな決断の時が来ると思います。
大学入試だったり就職だったり。

その時に自分がどういった事がやりたくて
大学だったり会社に入るのか?
という選択をする時が必ず来るはずです。

小さいうちから自分で考え決断できるようになると
大きな決断もできる力がついてきます。

そういう意味も含めて子供には選択肢を与えて
自分で決断する力をつけさせましょう。

宿題をやったらほめてあげる

ほめられて勉強をやる気になった経験はありませんか?
私はありました。

小さい頃、親に買ってもらった計算ドリルをやって
それができたら親がほめてくれて。
それが嬉しくて嬉しくてどんどん算数は勉強しました。

その結果、算数・数学は今でも好きな科目となっています。

小さい頃にこうやって好きになるって大きいことですよね。

ではなぜほめるのがいいか?
私の考えですが

ほめられるってつまりは自分のことを
認めてくれてるってことだと思うんですよね。

それって子供にとっては素直に嬉しい事ですよね(^^)

嬉しいからまた勉強をやる気になってくれる。

ただシンプルにほめるってだけなのに
その効果は絶大だと思います。

ほめるというのは子供のやる気を伸ばす
魔法の言葉かもしれませんね(^^)

ぜひお子さんが宿題をちゃんとやった時は
たくさんほめてあげてくださいね♪

なぜ少年事件は減少しているのに凶悪化していると感じるのか?

ここ最近、少年による悲しい事件やショッキングな事件が
よく目につくような気がします。

しかし、実際のところ少年事件は
減少傾向にあるというのをご存知ですか?

ではなぜ凶悪な事件が多いと感じてしまうのか?

今回はこのことについて書きたいと思います。

 

少年犯罪はピーク時から減少している

こちらは少年による殺人事件の件数推移を表したデータです。

sample

参照元:http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

見ていただくとわかりますが、少年による殺人事件の件数は
戦後増加しピークを迎え、現在は減少傾向にあります。

2000年あたりでやや増加しましたが
そこからは再び減少しています。

ただ、少年事件は減少しているのに
なぜか凶悪化していると感じたことはありませんか?

私もそう思っていました。

凶悪化していると感じる3つの理由

私は少年事件が凶悪化しているのは
主に3つの理由があるからだと考えています。
それは

殺人件数の減少により1つの事件を
 大きく扱うようになったから

メディアが過剰に報道しているから

ネットの発達で目にする機会が増えたから

結局、事件の件数自体は減っているのに
目にする機会が増えたりだとか、
報道のされ方が過剰だったりとかで
凶悪化していると感じるのだと思います。

メディアの情報を信用しすぎてはいけない

先ほど書いたことからもわかるように
私たちはメディアの情報に流され
コントロールされていると言っていいかもしれません。

なので結局のところ私が言いたいのは、
メディアの情報は信用しすぎてはいけないということです。

テレビは正しい情報を発信するという役目があります。
もちろんその役目は果たしている面もあると思います。

しかし、最近はいかに視聴率を取るかばかり考え、
その結果行き過ぎた報道になっている気がします。

そしてテレビは誤った情報が発信されたりもします。
そしてそれはネット上でも同じことです。

あのWikipediaだって誤った情報は
たくさん含まれています。

世の中は情報で溢れています。

そんな中私たちはメディアの情報を
過度に信用することなく、どれが正しいかを
きちんと自分たちで判断する必要がある。

そう私は思っています。

そもそもLINEとは?何が一番の問題点なのか?

子供がLINEをやりたい!

て言ってるけどなんか最近、
このLINE絡みの事件が起きてて心配…

「LINEって子供にやらせて本当に大丈夫?」

といった悩みを持つ親の方に説明したいと思います。

■そもそもLINEとは?

LINEというものを知らない方のために簡単に解説します。

LINEとはスマホやパソコンなどで利用できる
無料のアプリのことです。

LINEでは主に

複数人のグループでのチャット
利用者どうしでの無料通話

などを利用することができます。

だいたい利用している人の多くは
チャットをメインとして使っているかと思います。

手軽に友達にあいさつしたり、
絵文字やスタンプなどを送れるので、
人気となっているアプリです。

実際、私も使っていますが、
LINEはチャット形式という部分がけっこう気に入っています。

チャット形式なので過去のやり取りを
簡単に読み返すことができ、連絡手段として重宝しています。

そんな便利なLINEですが、なぜ問題になっているのか?

■LINEの一番の問題点とは?

では今、LINEで何が一番問題となっているのか?

それはやはり知らない人とつながってしまう
という部分ではないでしょうか?

その一番の問題点を解説する前に
まずはLINEの簡単な仕組みについて説明します。

まず最初に、どのように友達とLINE上で
やり取りできるようになるのか?
についてですが、

LINEの利用開始時に
携帯に入っている電話帳をLINEと連動させます。

友達も同じくLINEの利用開始時に
電話帳をLINEと連動させます。

連動された電話帳をLINEが自動で読み込み、
その中で友達同士の連絡先が登録されていれば
LINE上でもやり取りができるという仕組みです。

これ、知り合い同士でやり取りしている分にはいいんですが、
問題なのは電話帳に登録していないような
全く知らない人とつながってしまうこと。

なぜそのような事が起こってしまうかというと、
LINE上の友達検索によって検索される可能性があるから。

このようにして全く知らない人とつながり、
そこから近年起きているような事件に巻き込まれる。
これが私が一番問題だと思っている部分です。

■親として子供にできること

LINEの問題点ばかり書きましたが、
実際、普通に使っている分にはとても楽しい
コミュニケーションツールです。

ただ、どうしても心配という親の方は
そもそもの原因である携帯電話やLINEを使わせない
というのも一つの手段かもしれません。

ただ、最近ではLINEは子供たちにとって
必需品になってきています。

友達も使っているからという
プレッシャーもあるかもしれません。

なのでLINEは子供に使わせるという前提で
親として何ができるか?
を考える必要があると思います。

私の考えですが、
やはりルールを守って使うようしつける
ということではないでしょうか?

つまり、LINEでやり取りするのは
知り合いだけにするというルールを徹底させる。

先ほど知らない人とつながってしまう
可能性があると話しましたが、
たとえ誘いが来ても無視すれば済む話です。

そうしつけるためにも、子供とのコミュニケーションは
普段から取っておきたいところですね。

ルールを守って安全に楽しく
LINEを使わせてあげてください。

 

<PR>子育てに役立つこちらのサイトも合わせてどうぞ。

 

 

外遊びはやはり子供のためになる?

子供の外遊び
私としては当然やらせた方がいいと思っています。

ただ、これは親によってそれぞれだと思いますし、
どのように子供を育てたいかで変わるのではないでしょうか?

 

もし、子供にいろいろな事を経験をさせて
心豊かな子供に育ってほしい!

と思っているのであれば外で遊ぶのは必須だと思います。

 

・思いっきり体を動かしてみる
・知らない虫と触れ合ってみる
・思いっきり自然と触れ合って汚れてみる

 

外で遊ぶというのは子供に
いろいろな刺激を与えてくれるものです。

いろいろな刺激を受けることで
子供の感受性が豊かになります。

心豊かな子供に育ってほしい!
という方はぜひお子さんを
外で遊ばせてあげてください。

 

しかし、最近は外で遊ぶにも
物騒な世の中になってきてしまいました…

なので子供の身の安全が第一!
というのであればそれはそれで仕方のないことでしょう。

ただ、私としては親が最低限見てあげることで
外で遊ばせることが大切ではないかと考えています。

どのような形であっても
子供は外で元気よく遊んでほしいものです。 

 

子供は悪くない!子供がご飯を残すなら環境を変えよう!

前回の記事で子供がご飯を食べない時に
親は怒ってはいけないというお話をしました。

では今回の記事ではどのように
子供がご飯を残すのを改善していくか?
について書いていきたいと思います。

 

食べてほしければ食べてくれるような環境にしてあげる

子供がご飯を食べないのは仕方のないことだと認めたうえで
どうやって改善していくか?

環境を変えてあげればいいのではないでしょうか?

子供は親が提供してあげる環境によって左右されます。

1つ例を挙げます。

子供が言葉を話せるようになるのは
親と一緒に言葉を話すという「環境」にいるから。
だからその「環境」によって言葉が話せるようになります。

食べるのも同じで、ご飯を食べる環境にしてあげれば
自然とご飯を食べるようになると思います。

 

 

どんな環境を用意してあげる?

ではどのような環境を子供に用意してあげるか?
いくつか挙げてみますので参考にしてみて下さい。

 

おやつの量を調節する

ご飯が食べられない原因にはお腹がいっぱいだから
というのがあるかもしれません。

お腹がいっぱいなのはもしかしたら
おやつを食べすぎているからかも?

おやつをいきなりなくすのは難しいかもしれませんから、
少しだけ減らしてあげるだけでも効果があるかもしれません。

また、おやつの時間を早くしたり、
ご飯の時間を遅らせるというのもいいかもしれませんね。

 

たべさせる量を少なくする

食べ物を残してしまうなら
量を少なくするというのも一つの手段。

量が多くて残してしまうなら
少なくしてあげて子供に完食してもらうようにする。

そして完食する喜びを感じてもらってはいかがでしょうか?

きちんと完食したら褒めてあげて
残さない癖をつけるというのも大事かと思います。

 

味付けや作り方を変えてみる

子供と言えどもやはり好みというのはあるものです。

ご飯を食べてくれないのなら
味付けを変えてみるとか、

好きな料理の中に嫌いな物を
こっそり混ぜてみるとか、

やり方はいろいろあると思います。

 

子供にも作ってもらう

実際に自分で作ることでいつも親が作ってくれることへの
ありがたみを感じたり、親の気持ちを理解するようになったりして、
せっかく自分で作ったんだからと食べるようになるかもしれません。

野菜とかも自分で育てると食べるようになる
なんて話は聞いたことがあるかと思います。

ちなみに私が開催している「米作り体験」も
そういった狙いがあって開催している部分もあります。

 

 
以上、どうやったら子供がご飯を残さず食べてくれるか
というお話をさせていただきました。

結局は親の環境次第ということだと思います。

ご飯を食べないのを子供のせいにするのではなく
どのように食べる環境にしてあげるかを
考えるのが私はいいと思います。

上に書いたことのうちどれが自分の子供には有効か?
一度試してみてはいかがでしょうか?