間違った子供の叱り方とプラスになる叱り方

angry9

 

子供の叱り方というのも子供を育てるのに大切な要素です。

間違った叱り方をすればマイナスに育ちますし、
その逆にプラスになる叱り方もあります。

それだけ親の影響というのは大きなものです。

なので今回の記事では間違った叱り方を知り、
プラスになる正しい叱り方を知ってほしいと思います。

■感情的に怒らない

まず、子供を叱る時に前提としてあるのが
感情的に怒ってはいけないということです。

感情的になって怒鳴ったり、
あるいは手を出して怒ったとしても
子供には恐怖しか残りません。

なぜ怒られたのかの理解よりも
怒られた恐怖が残ってしまいます。

これでは子供のしつけになりません。

■まずは子供の考えをきちんと聞く

一方的に親の意見を言うのではなく、
子供と同じ目線になって話し合うことが大切です。

そのためにまずは子供の考えをきちんと聞きましょう。

子供が何かやってはいけないことをしたら

「なぜそのような事をしたのか?」

をまずは聞いてあげます。

それを聞いた上で
なぜしてしまった事がいけない事なのかを
子供に考えさせて子供の考えを聞いてあげましょう。

そしてこの時のポイントは
子供の考えをすぐには否定しないこと。

たとえ間違っていても子供がきちんと考えて言ったことです。
素直に言ってくれたことを認めてあげて受け入れましょう。

こうやって子供に自分で考えさせることで
子供の自立を促す効果もあります。
これ、とても大事なことです!

もし子供の言ったことが間違っていたら
まずはきちんと受け入れた後で
自分の考えを言ってあげましょう。

■なぜ叱るのか子供が納得するまで話し合う

まずは子供の言ったことを聞いて受け入れます。
言ったことが正しければ問題ありません。

ただ、間違っていた場合は親がきちんと
子供が納得するまで叱る理由を話し合う必要があります。

「私(親)はこういう理由があるから
 叱ってるんだけどどう思う?」

といった感じで子供が納得するまで話し合いましょう。

■反省したことを褒めてあげる

これもとても大事なことです。
子供を叱った後は褒めてあげましょう。

叱られたということは子供は
マイナスに捉えるかもしれません。

しかし、見方を変えれば子供は
きちんと自分のしたことがなぜ悪かったのかを理解し
反省したので成長しています。

なので子供にとってプラスの出来事なのです。

叱られて子供はへこんでいるかもしれませんので
アフターフォローの意味も含めて
親が褒めてあげましょう。

叱られたというマイナスのことを
褒められたというプラスのことに変換してあげてくださいね(^^)