子供は悪くない!子供がご飯を残すなら環境を変えよう!

前回の記事で子供がご飯を食べない時に
親は怒ってはいけないというお話をしました。

では今回の記事ではどのように
子供がご飯を残すのを改善していくか?
について書いていきたいと思います。

 

食べてほしければ食べてくれるような環境にしてあげる

子供がご飯を食べないのは仕方のないことだと認めたうえで
どうやって改善していくか?

環境を変えてあげればいいのではないでしょうか?

子供は親が提供してあげる環境によって左右されます。

1つ例を挙げます。

子供が言葉を話せるようになるのは
親と一緒に言葉を話すという「環境」にいるから。
だからその「環境」によって言葉が話せるようになります。

食べるのも同じで、ご飯を食べる環境にしてあげれば
自然とご飯を食べるようになると思います。

 

 

どんな環境を用意してあげる?

ではどのような環境を子供に用意してあげるか?
いくつか挙げてみますので参考にしてみて下さい。

 

おやつの量を調節する

ご飯が食べられない原因にはお腹がいっぱいだから
というのがあるかもしれません。

お腹がいっぱいなのはもしかしたら
おやつを食べすぎているからかも?

おやつをいきなりなくすのは難しいかもしれませんから、
少しだけ減らしてあげるだけでも効果があるかもしれません。

また、おやつの時間を早くしたり、
ご飯の時間を遅らせるというのもいいかもしれませんね。

 

たべさせる量を少なくする

食べ物を残してしまうなら
量を少なくするというのも一つの手段。

量が多くて残してしまうなら
少なくしてあげて子供に完食してもらうようにする。

そして完食する喜びを感じてもらってはいかがでしょうか?

きちんと完食したら褒めてあげて
残さない癖をつけるというのも大事かと思います。

 

味付けや作り方を変えてみる

子供と言えどもやはり好みというのはあるものです。

ご飯を食べてくれないのなら
味付けを変えてみるとか、

好きな料理の中に嫌いな物を
こっそり混ぜてみるとか、

やり方はいろいろあると思います。

 

子供にも作ってもらう

実際に自分で作ることでいつも親が作ってくれることへの
ありがたみを感じたり、親の気持ちを理解するようになったりして、
せっかく自分で作ったんだからと食べるようになるかもしれません。

野菜とかも自分で育てると食べるようになる
なんて話は聞いたことがあるかと思います。

ちなみに私が開催している「米作り体験」も
そういった狙いがあって開催している部分もあります。

 

 
以上、どうやったら子供がご飯を残さず食べてくれるか
というお話をさせていただきました。

結局は親の環境次第ということだと思います。

ご飯を食べないのを子供のせいにするのではなく
どのように食べる環境にしてあげるかを
考えるのが私はいいと思います。

上に書いたことのうちどれが自分の子供には有効か?
一度試してみてはいかがでしょうか?

 

子供がご飯を食べない!そんな時親がやってはいけない事とは?

子供がご飯を食べない…
そんな時あなたならどう対処しますか?

さまざまな対処法があるかと思いますが、
やってはいけないと思う事があります。

それは

 
怒って無理に食べさせようとすること

 
子供は正直です。
ご飯を食べたくない時は食べたくないのです。

それが正直な気持ちなのに
怒られて食べさせられようとする。

子供にとっては嫌な気分になりますよね。
 

一つ別の例を挙げてみたいと思います。
もしかしたらこちらの方が
子供時代に経験している親の方は多いかもしれません。

子供時代の頃、勉強したくないのに
親から勉強しろと言われたことはありませんか?

その時の心境を思い出してほしいのですが、
勉強したくないのに勉強しろと言われても
気分がいいものではないですよね?

それに言われたところでやる気が起きるわけでもありません。
 

食べることに関してもこれと同じだと思います。

食べるのが嫌なのに押し付けられるのは
気分がいいものではないですし、
食べるようにもならないと思います。

 
なので、まずは怒らないことから
始めてみてはいかがでしょうか?

そこでスタートラインに立ってから
対処法について考え行けばいいと思います。
 

⇒ 具体的にどのような対処法をしていけばいいか?