子供が勉強しない!そんな時親がするべきことは?

子供が勉強しない。
親としてはよくある悩みかと思います。

そんな時、どのように対処しますか?
やってはいけない事をしていませんか?

子供が勉強しない時にどのように子供と向き合うべきか?
今回はそれについて書きたいと思います。

勉強しなさいは一番ダメ

「子供が宿題をやらない!そんな困った時の解決法」
の記事でも似たような事は書いてますが、

「宿題やりなさい!」 にしても 「勉強しなさい!」

にしても、どちらも一番ダメなパターンだと思います。

何がダメかと言いますと
理由を言わないで強制しているところ。

これでは親の考えをただ一方的に
子供に押し付けているだけだと思います。

そして勉強をやる理由が親に怒られるから
ということになりかねません。

なので何も言わずに勉強をやりなさい
というのは一番ダメなパターンだと私は思います。

子供に勉強してほしいなら
きちんとした理由は必要だと思います。

勉強をする理由も大事

勉強する理由が必要であることがわかりました。
では次にその理由についてですが、例えば

「勉強しないと将来いい仕事につけないから勉強しなさい」

みたいな理由になっていないでしょうか?

私は正直こういった理由は好きではありません。
なぜかと言いますと、
ネガティブな事が理由になっているから。

私たち大人はネガティブな理由が
原動力になることもあるかと思います。

例えば、

・大きな挫折をしたから絶対に成功してやる
・今までバカにされてきたから絶対に見返してやる

などの理由。

こういったネガティブな理由は確かに原動力になります。
でも子供に言ってもピンと来ないのではないでしょうか?

先ほどの

「勉強しないと将来いい仕事につけないから勉強しなさい」

と言われてもたぶんピンと来ません。

「今の日本は先の見えない経済状況だから…」

「しっかり大学を出ないと正社員としても雇われず
 いつ切られるかわからないから…」

など詳しく説明したとしても
そんなネガティブな理由なら
子供がかわいそうだと思います。

それよりもポジティブな理由が私は必要だと思います。
ポジティブな理由とは

「将来こんな仕事をやってみたい」

などです。

想像して楽しい理由やワクワクする理由です。
こういった理由を見つけるのが子供にとって大切だと私は思います。

親も一緒に子供が勉強する理由を見つける手伝いを

勉強するためのポジティブな理由を引き出すのに
親もぜひ協力してあげてください。

子供はいろいろなものに興味を持ちます。
その中で将来どんな道を進んで行きたいのか?
を一緒に考える必要があります。

子供の将来を見つけることは
時間のかかることかもしれません。

ですが、親もしっかり子供と向き合って
それに付き合って考える必要があると思います。

そして子供がしっかりと自分の意志で
将来を進んで行けるように
自分で考えるというクセをつけさせてください。

それが親の役目だと思います。

子供を褒めることの効果|親と子に与えるメリットとは?

子供を褒めることは大事ですね。
そのことが子供にとってメリットがあるのは
何となく想像できると思います。

ただ、私は子供だけでなく
親にもメリットがあると考えています。

今回は子供を褒めることが
親子に与えるメリットについて書きたいと思います。

子供にとってのメリット

褒めることでの子供にとってのメリットは
やはり子供のやる気を伸ばすことだと思います。

子供は素直です。
言われた言葉を素直に受け入れます。

ポジティブな言葉を言ってあげれば
ポジティブに受け入れます。

逆にネガティブな言葉を言えば
ネガティブに受け入れます。

せっかくならポジティブな言葉を言ってあげて
子供のやる気を伸ばしてあげたいですよね。

親にとってのメリット

子供を褒めるということは
つまり子供のいい部分を見つけてあげるということ。

今まで人の欠点ばかり見ていた人は
子供を褒めようといい部分を見つけてあげることで
人のいい部分に目が行くようになると思います。

人のいい部分に目が行けば
円満な夫婦生活につながったり、
対人関係が良くなるなどの
メリットにつながると思います。

これ、とても大事なことです!

今の日本の社会ってどうしても
悪い部分だったり満たされていない部分にばかり
目が行くようになっている気がします。

テストの点数を例にすると

「80点取ったけどあと20点頑張らないと…」

といった感じでせっかく80点も取ったのに
足りてない20点にばかり目が行ってる気がします。

それよりも80点も取れたんだから
それはそれですごいことじゃん!
くらいに思えた方がいいと思います。

親がそうやって子供のいい部分や
足りている部分に目が行くようになると
親の器も大きくなると思います。

そして、その親の影響を受けた子供にもきっと
いい影響を与えてあげることができると思います。

ぜひ子供のいい部分にフォーカスしてあげてください。
テストの点数が80点でもそれはそれで
素晴らしいことじゃないですか?

足りてない20点に目を向けるのではなく
ぜひ足りている80点に目を向けてあげてください。

親なら意識したい!子供の自立心を育てる3つのポイント

子育ての一つの大きなテーマ。
子供の自立はとても大切ですね。

大人になったら一人前になって親に頼らず生きて行く。
そんな人間になってもらいたいですよね。

そこで今回は、親として意識しておきたい
3つのポイントを書かせていただきます。

 

親は手を出しすぎないようにする

ちょっとしたことでも親は
子供の手助けをしたくなってしまうもの。

・部屋が散らかってるから片付けてあげた
・洋服が脱ぎ捨ててあったので洗濯カゴに入れてあげた

ちょっとしたことかもしれませんが、
その積み重ねが依存に繋がってしまいます。

子供は育つ環境に大きく影響されます。

ちょっとしたことでも自分でやるというのが
当たり前の環境にしてあげることが
子供の自立を促すことになります。

自分で考える癖を付けさせる

子供から何か質問された時に
簡単に答えを言ってしまっていませんか?

それも親への依存につながっているので
まずは子供に自分で考える癖を付けさせましょう。

何か質問されたら

「○○ちゃんはどう思う?」

といった感じで一旦子供に考えさせましょう。

こうやって普段から考える癖を付けさせることで
将来的に大きな決断をする時にも自分で考える癖が付くようになり
自立できるようになります。

たくさんの事をチャレンジさせる

自立できない子供の特徴に
チャレンジ精神がないというのがあります。

好奇心旺盛なはずの子供が
なぜチャレンジ精神を失くしてしまうのか?

それは親や周りの影響が大きいのかもしれません。

チャレンジする前から無理だと決めつけることが
子供のチャレンジ精神を奪ってしまいます。

たとえ失敗するとわかっているような事でも
親は温かく見守ってあげて下さい。

そして失敗したとしてもチャレンジしたことを
いっぱい褒めてあげて下さい。

失敗から学ぶことはたくさんあります。

そしてチャレンジすることが子供をたくましく育て
自立心を育てるでしょう。

以上、3つのポイントについて書かせていただきました。

3つとも共通して言えるのが
親は一歩下がって子供を見守ってあげることです。

子供と程よい距離を保つことが
子供の自立を助けると言えると思います。

ぜひこの部分は意識してみて下さい。

子供が宿題をやらない!そんな困った時の解決法

子供が宿題をやらない…

これって多くの親が悩むことではないでしょうか?

そんな時どのように対処していますか?

いろいろな方法があると思いますが、
間違った方法だと逆に子供のやる気を奪う
という悪循環に陥るかもしれません。

今回はそんな困った悩みをどのように解決するか
について自分の考えを書きたいと思います。

「宿題やりなさい!」は一番ダメ

一番言ってはいけないことを言っていませんか?

「宿題やりなさい!」

これは一番ダメです。

まず、なんの理由があって
勉強しろなのか説明がありません。

そして、やりたくないものを強制されたところで
子供はやりたくないものです。

「親に怒られるから…」

というのが理由になってしまってはダメですよね!

本来勉強は子供が自ら進んで
楽しんで学ぶものだと思います。
なので親が強制するというのは止めましょう!

宿題をやる理由の説明も大事

先ほど理由もなく子供に宿題をやれ
というのが一番ダメと言いました。

だからと言って、ただ単に理由を
付け加えればいいというわけではありません。

「○○君はやってるから」
「将来困るんだから」

これ、理由になっているようで
なっていないと思いませんか?

結局これも宿題やれ!
と変わらないと思います。

ネガティブな言葉を使ったり、
他人と比較したりしても子供は納得して
宿題はやらないと思います。

では、私だったらどうするかですが、
プラスに考えられる理由を言ってあげます。

「宿題終わったら外で思いっきり遊べるね」
「宿題終わったら美味しいご飯が待ってるね」

ポイントとしては宿題をやってほしいと
間接的に言っている部分です。

宿題の後にある楽しいことが
宿題をやる動機づけになっているということです。

子供に選択肢を与える

宿題をやってもらうにも
子供に選択肢を与えることが大切です。

どういうことかと言いますと、
例えば宿題をやる時間は遊びに行く前でもいいですし、
夕飯前でもいいわけです。

それを親が強制するべきではないということです。

自分で考えて選択するというのが大切です。
これは勉強だけでなく子供の将来のためにとても大切なこと。

子供が大きくなったら大きな決断の時が来ると思います。
大学入試だったり就職だったり。

その時に自分がどういった事がやりたくて
大学だったり会社に入るのか?
という選択をする時が必ず来るはずです。

小さいうちから自分で考え決断できるようになると
大きな決断もできる力がついてきます。

そういう意味も含めて子供には選択肢を与えて
自分で決断する力をつけさせましょう。

宿題をやったらほめてあげる

ほめられて勉強をやる気になった経験はありませんか?
私はありました。

小さい頃、親に買ってもらった計算ドリルをやって
それができたら親がほめてくれて。
それが嬉しくて嬉しくてどんどん算数は勉強しました。

その結果、算数・数学は今でも好きな科目となっています。

小さい頃にこうやって好きになるって大きいことですよね。

ではなぜほめるのがいいか?
私の考えですが

ほめられるってつまりは自分のことを
認めてくれてるってことだと思うんですよね。

それって子供にとっては素直に嬉しい事ですよね(^^)

嬉しいからまた勉強をやる気になってくれる。

ただシンプルにほめるってだけなのに
その効果は絶大だと思います。

ほめるというのは子供のやる気を伸ばす
魔法の言葉かもしれませんね(^^)

ぜひお子さんが宿題をちゃんとやった時は
たくさんほめてあげてくださいね♪

なぜ少年事件は減少しているのに凶悪化していると感じるのか?

ここ最近、少年による悲しい事件やショッキングな事件が
よく目につくような気がします。

しかし、実際のところ少年事件は
減少傾向にあるというのをご存知ですか?

ではなぜ凶悪な事件が多いと感じてしまうのか?

今回はこのことについて書きたいと思います。

 

少年犯罪はピーク時から減少している

こちらは少年による殺人事件の件数推移を表したデータです。

sample

参照元:http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

見ていただくとわかりますが、少年による殺人事件の件数は
戦後増加しピークを迎え、現在は減少傾向にあります。

2000年あたりでやや増加しましたが
そこからは再び減少しています。

ただ、少年事件は減少しているのに
なぜか凶悪化していると感じたことはありませんか?

私もそう思っていました。

凶悪化していると感じる3つの理由

私は少年事件が凶悪化しているのは
主に3つの理由があるからだと考えています。
それは

殺人件数の減少により1つの事件を
 大きく扱うようになったから

メディアが過剰に報道しているから

ネットの発達で目にする機会が増えたから

結局、事件の件数自体は減っているのに
目にする機会が増えたりだとか、
報道のされ方が過剰だったりとかで
凶悪化していると感じるのだと思います。

メディアの情報を信用しすぎてはいけない

先ほど書いたことからもわかるように
私たちはメディアの情報に流され
コントロールされていると言っていいかもしれません。

なので結局のところ私が言いたいのは、
メディアの情報は信用しすぎてはいけないということです。

テレビは正しい情報を発信するという役目があります。
もちろんその役目は果たしている面もあると思います。

しかし、最近はいかに視聴率を取るかばかり考え、
その結果行き過ぎた報道になっている気がします。

そしてテレビは誤った情報が発信されたりもします。
そしてそれはネット上でも同じことです。

あのWikipediaだって誤った情報は
たくさん含まれています。

世の中は情報で溢れています。

そんな中私たちはメディアの情報を
過度に信用することなく、どれが正しいかを
きちんと自分たちで判断する必要がある。

そう私は思っています。